産後太り 原因

MENU

産後太りになる理由

女性は、妊娠中と産後は太りやすいといわれています。特に、産後太りに悩まされている女性は多いです。女性が産後太りになる理由・原因にはさまざまな要因がありますが、主に見られるのは以下のような理由です。

 

骨盤の仕組み

 

出産準備に入った時点で、母体は骨盤と恥骨が広がりやすくなります。これは赤ちゃんが産道を通り抜けやすいようにするための仕組みなので、出産前の時点でどうしても下半身の体系が変わるのです。ただし筋肉や骨の状態によっては、骨盤が広がったままでほとんど戻らないことがあります。骨盤は下半身太りに影響しやすいので、このような原因で産後は下半身太りを起こす人が多いです。

 

筋肉が減っている

 

産後太りになる理由は、全身の筋肉にもあります。産後の女性は筋肉が減って、その分基礎代謝が衰えます。これは妊娠中に運動量が減っていたことも原因で、出産までの間に筋肉が減っているのです。基礎代謝が落ちると消費カロリーも減るので、自然に太ってしまうのです。

合わせて読みたい記事一覧

産後太りを解消するコツ
産後太りを解消するコツにはいくつか注意点があります。まず骨盤ダイエットですが、健康的でスタイル良く見せることが出来るのが骨盤ダイエットです。…続きはこちら

産後や授乳中の酵素ドリンクの飲み方・注意点
出産後はお腹がたるみ、てろんとしているので早く元の体系に戻したいと思い、産後ダイエットを始める人も多いでしょう。また産後6か月は…続きはこちら

酵素ドリンクの開始時期・飲むタイミング
産後ダイエットを始める時期が気になりますよね。赤ちゃんのいないお腹はたるみ、脂肪がついています。一刻も早く元のスリムな体に戻したいものです…続きはこちら

産後ダイエットでリバウンドしないためには
産後ダイエットで怖いのは、ダイエット成功後のリバウンドです。産後でなくてもよく聞く言葉ですよね。せっかく痩せたのにすぐにリバウンドして…続きはこちら